P r o f i l e
C a l e n d a r
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
               
C a t e g o r y
Google 記 事 関 連 広 告
 
記事リスト一覧
訪問してくれた方にとって、
興味がありそうな記事をピンポイントで発見できるように一覧にして見ました。

以前の記事も読んでいただけたら嬉しいです。


癒し研究所記事一覧
以 前 の 記 事
L i n k s
クリック募金
m o b i l e
qrcode
Sponsored links
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
湯たんぽ


今日は二セコまで行った帰りの車のラジオで
湯たんぽ】の話題があがっていました。



近年の灯油の高騰などの背景から
昔ながらの暖のとり方である【湯たんぽ】が見直されているようですね
実際に2,3年程前から年配の方を中心に、また若い世代にも浸透してきており
売り上げも上がってきているとの事でした。



そもそも【湯たんぽ】を知らない方のために



wikipedia -湯たんぽより抜粋



湯たんぽ(ゆたんぽ、湯湯婆)は日本で用いられる暖房器具の一つであり、
陶器・金属、あるいはプラスチック製の容器に湯を注ぎ栓をし、
布団などに入れ主に足に当てて暖をとるものである。
その歴史は古く、中国では唐の時代からあった。
「湯婆」(tangpo)の「婆」とは「妻」の意味であり、
妻の代わりに抱いて暖を取ることを意味している。
「湯婆」のみで湯たんぽを表すが、そのままでは意味が通じないため
日本に入ってから「湯」が付け加えられたとされている。
日本には室町時代に入ったとされており、
栃木県日光市の輪王寺に、徳川綱吉が使用したという犬型の湯たんぽが伝わっている。
古くは陶器製が主で、金属製のものが現れたのは大正期以降である。
戦時中は金属が貴重となったため、再び陶器製のものが使われるようになった。
現在ではプラスチック製のものが主流となっている。



今ではかわいいデザインのものから
水筒のような形で残り湯を捨てやすいもの等
バリエーションが色々のようですね!
ちいさなecoですがこれを機に【湯たんぽ】を
とりいれてみるのはどうでしょうか?




ドイツfashy社製 キャラクター湯たんぽ

ドイツfashy社製 キャラクター湯たんぽ
商品名ドイツfashy社製 キャラクター湯たんぽ
ドイツfashy社製 キャラクター湯たんぽ
価格  4,800円 (税込 5,040 円) 送料別

posted by: hiro423 | 癒しグッツ | 18:41 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 18:41 | - | - |
こんなにかわいい湯たんぽあるんですね〜。色々商品工夫して作るんですね、若い人とかも使う人ふえそうですね!
| ひまわり | 2007/10/27 5:59 PM |
私も古いイメージでしかなかったので
こんな人形タイプのものがあるなんて…

やっぱり
昔からの鉄製?アルミ?のようなものがポピュラーですよね
| hiro423 | 2007/10/28 12:22 AM |









この記事のトラックバックURL
http://hirohero.jugem.jp/trackback/108
トラックバック