P r o f i l e
C a l e n d a r
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
               
C a t e g o r y
Google 記 事 関 連 広 告
 
記事リスト一覧
訪問してくれた方にとって、
興味がありそうな記事をピンポイントで発見できるように一覧にして見ました。

以前の記事も読んでいただけたら嬉しいです。


癒し研究所記事一覧
以 前 の 記 事
L i n k s
クリック募金
m o b i l e
qrcode
Sponsored links
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
地方大学病院の切捨て?


国の財政難から、
保険診療による支出を抑えるべく
診療報酬改定であったり、
国立大学付属病院の独立行政法人化
によって、
国立系医療も(民間病院もですが)
経営資質が問われていく時代に入るようです。



現実に起こっている
採算の合わない、田舎の国立診療所の廃止等…



本来あるべき姿は、
国民のためにどこに住んでいても
安心して診療が受けられる国のサービスなんでは
ないでしょうか?



年金にしても国の保障はあてにならない
ということでしょうか?


私自身、大学付属病院を利用させていただいているのですが
先生から【うちの病院の経営状況の悪さ、下から数えた方がはやく
      もしかしたらこの病院なくなってしまうかも】
と、話を聞いたのがきっかけで
今日の記事を書いています。



正直医療費負担が増えるぐらいの認識でまさか
国立の病院がそのような状態に立たされているとは
全く考えもしませんでした。



国は目先だけでしか、動いていないですよね
間接的に医療費を削減する方法だってあるじゃないですか?
私も愛煙家ですが
【ちびちび増税するのではなく、諸外国レベルまで
  タバコの大増税をおこなうことによる】 
昔からあがっている
タバコ税収以上の医療費の削減が見込める可能性であるとか?



JTには業務のシフト転換に十分な時間を与え
国立医療には、即改善を求めるのは酷な気がします。
民間病院と違って医療の研究であったりと
根本的に利潤を追求させる施設ではないですよね?
いきなり民間と競争させるのはどうなんでしょうか
その民間の一般病院も6,7割は表向きにはキャッシュをフローさせてはいるが
中を見れば赤字であるといわれているし…
臭いものには蓋をしろ的な
安易な切り捨てで私は納得がいきません



以上ひとり言でした。 



医療問題の参考として
Pfizer forum 2006有識者の方々の記事を拝見してみてはどうでしょう?

 
posted by: hiro423 | 日記・独り言 | 20:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 20:40 | - | - |









この記事のトラックバックURL
http://hirohero.jugem.jp/trackback/77
トラックバック